インプラントで歯を保つ〜歯科や歯医者のススメ〜

医者

虫歯の治療法

歯科

歯科に来る人の多くは虫歯治療を受けに来ています。虫歯は毎日の歯磨きである程度予防することはできますが、どうしても歯垢が残ってしまうこともあるため、虫歯になる可能性が消えることは少ないのです。虫歯になったら早めに治療することが大切ですが、虫歯の存在に気づかず放置しておくと複雑な治療を行う必要があります。特にひどい虫歯になってくると抜歯を行う必要もあるため気をつけましょう。抜歯までとはいかずともひどい虫歯には根管治療を行う浅草の歯科も少なくありません。浅草の歯科で行われている根管治療とは歯の内部にある神経等を治療する方法です。虫歯になると歯の表面に穴が空きそこから内部に虫歯が到達します。内部に虫歯が到達すると歯の神経が死んでしまいます。

歯の内部にある神経が死んでしまうと歯の機能も役割を果たしません。ただ、根管治療ではその神経を取り除き、薬剤で歯の内部を満たします。その後被せものを詰め込むため、歯の機能をできるだけ改善することができるのです。歯を抜歯することなく、自分の歯を維持することができるため浅草の歯科では人気をあtめている治療です。炎症の度合いによっては根管治療が長期間かかることもあります。ただ、自分の歯を維持するためには大切な治療のため、浅草の歯科に行き一度、根管治療が行えるほどの虫歯かどうか確かめるといいでしょう。虫歯の元を取り除くことも可能のため、根本的な虫歯治療法ともいえるでしょう。ただ、痛みのあることもあります。